振袖紹介Furisode_catalog

熟練の『染匠』『作り手』が誇る
京都手描き友禅・最高級の振袖

伝統な美しさをもつ古典柄
革新的かつモダンな近代デザイン

きもの画廊が特別にご用意した逸品の中から、お好きな振袖をお選びください。

  • 御所車に道長取り

    80150

    御所車に道長取り

    サイズ
    165~175cm ※目安
    • 御所車に道長取り
    • 御所車に道長取り
    • 御所車に道長取り
    • 御所車に道長取り

    御所車に道長取り

    道長取り、山取りの中に古典模様の御所車を配した糸目友禅の振袖です。
    「道長取り」とは、藤原道長が好んだといわれる文様で、複数の違う柄や模様を貼り合わせたように曲線的に区切って配した文様のことを言います。
    鮮やかな朱赤地に本格的な古典模様を表した構図は、時代や流行にとらわれない不動人気の柄となっております。

    目安サイズ:165~175cm
    着付けにより多少のサイズ対応が可能です。
    詳しくはお問い合わせください。

    ※写真の袋帯・帯締・帯揚・重ね衿のコーディネートは参考です。ご変更いただけます。

  • 花籠にしだれ草花に波

    80025

    花籠にしだれ草花に波

    サイズ
    158~169cm ※目安
    • 花籠にしだれ草花に波
    • 花籠にしだれ草花に波
    • 花籠にしだれ草花に波
    • 花籠にしだれ草花に波

    花籠にしだれ草花に波

    花籠(はなかご)は、様々な花を竹で編んだ籠に文様化した図柄で日本的な優雅な文様です。
    梅、椿、水仙、杜若、桔梗、菊など、あらゆる花を文様化することができます。
    その優雅さから、能装束や小袖、現在の着物まで数多く使われている古典文様です。

    目安サイズ:158~169cm
    着付けにより多少のサイズ対応が可能です。
    詳しくはお問い合わせください。

    ※写真の袋帯・帯締・帯揚・重ね衿のコーディネートは参考です。ご変更いただけます。

  • 束ね熨斗に橘

    80164

    束ね熨斗に橘

    サイズ
    152~162cm ※目安
    • 束ね熨斗に橘
    • 束ね熨斗に橘
    • 束ね熨斗に橘
    • 束ね熨斗に橘

    束ね熨斗に橘

    束ね熨斗目(のしめ)とは図柄のことであり、文様としては束ね熨斗文を描いた振袖です。
    熨斗は鮑の肉を薄く剥いで引き伸ばし、紙の間にはさんで祝儀の進物や引き出物に添えたのが始まりといわれています。それを細長い帯状に文様化したのが「熨斗文」で、数本を束ねた「束ね熨斗」は吉祥文様の代表的な柄として多くの着物に使われています。
    熨斗は延寿、鮑は長寿をもたらす食べ物であり、古来より縁起物とされています。

    目安サイズ:152~162cm
    着付けにより多少のサイズ対応が可能です。
    詳しくはお問い合わせください。

    ※写真の袋帯・帯締・帯揚・重ね衿のコーディネートは参考です。ご変更いただけます。

  • 茶屋辻

    80165

    茶屋辻

    サイズ
    145~157cm ※目安
    • 茶屋辻
    • 茶屋辻
    • 茶屋辻
    • 茶屋辻

    茶屋辻

    茶屋辻文様とは、江戸時代中期以降に大名以上の武家や公家の婦人、御殿女中の夏の正装用(麻布)として用いられた柄といわれています。
    水辺の風景を細かい文様で著した風景模様の一種で、鳥瞰(ちょうかん)図のようにパノラマ的に模様を配しているのが特徴です。
    現代では夏に限らず、四季を通じて帯や着物に幅広く用いられる伝統文様となっています。
    鮮やかな緑の地色に手描糸目友禅で、一面に描いた重厚味と可愛いらしを兼ね備えた振袖となっております。

    目安サイズ:145~157cm
    着付けによりサイズ対応が可能です。
    詳しくはお問い合わせください。

    ※写真の袋帯・帯締・帯揚・重ね衿のコーディネートは参考です。ご変更いただけます。

  • 束ね熨斗に菊草花文

    80129

    束ね熨斗に菊草花文

    サイズ
    151~161cm ※目安
    • 束ね熨斗に菊草花文
    • 束ね熨斗に菊草花文
    • 束ね熨斗に菊草花文
    • 束ね熨斗に菊草花文

    束ね熨斗に菊草花文

    熨斗目(のしめ)に菊文を配しました。
    高貴な色と言われる紫の地に大胆な文様を表した金コマ刺繍が目を引く、重厚美あるれる個性的な振袖となっております。

    目安サイズ:151~161cm
    着付けにより多少のサイズ対応が可能です。
    詳しくはお問い合わせください。

    ※写真の袋帯・帯締・帯揚・重ね衿のコーディネートは参考です。ご変更いただけます。

  • 枝垂れ桜に松

    80160

    枝垂れ桜に松

    サイズ
    162~172cm ※目安
    • 枝垂れ桜に松
    • 枝垂れ桜に松
    • 枝垂れ桜に松
    • 枝垂れ桜に松

    枝垂れ桜に松

    鮮やかな青色の地に、日本の代表的な文様である桜と松を描いた振袖。
    桜は日本の国花でもある春の代表的な花ですが、現在では桜の振袖は春に限らずオールシーズン着用される人気の柄となっております。
    型染めやインクジェットでは表現できない、伝統美と手技のぬくもりが感じられる手描き(手挿し)友禅の逸品です。

    目安サイズ:162~172cm
    着付けにより多少のサイズ対応が可能です。
    詳しくはお問い合わせください。

    ※写真の袋帯・帯締・帯揚・重ね衿のコーディネートは参考です。ご変更いただけます。

  • 立梅に枝垂れ桜

    80131

    立梅に枝垂れ桜

    サイズ
    148~158cm ※目安
    • 立梅に枝垂れ桜
    • 立梅に枝垂れ桜
    • 立梅に枝垂れ桜
    • 立梅に枝垂れ桜

    立梅に枝垂れ桜

    高貴な明るい紫の地に琳派模様の振袖。
    立梅・枝垂れ桜を白の胡粉ベースに金彩を施した逸品となっております。
    あまり色を使わないシンプルな配色が目を引く、清楚さの中にも個性をあらわした振袖です。

    目安サイズ:148~158cm
    着付けによりサイズ対応が可能です。
    詳しくはお問い合わせください。

    ※写真の袋帯・帯締・帯揚・重ね衿のコーディネートは参考です。ご変更いただけます。

  • 梅取ぼかしに手毬に簪

    80153

    梅取ぼかしに手毬に簪

    サイズ
    156~166cm ※目安
    • 梅取ぼかしに手毬に簪
    • 梅取ぼかしに手毬に簪
    • 梅取ぼかしに手毬に簪
    • 梅取ぼかしに手毬に簪

    梅取ぼかしに手毬に簪

    手毬や簪など、日本古来の玩具遊び模様を配した清楚で優美な振袖です。
    引き染めでの暈し(ぼかし)ではなく「手差し暈し」技法を用いています。
    手毬は絹糸を固く巻きつけたもので、江戸時代後期には5色の絹糸で巻いた装飾的なものが作られ「御殿毬」として流行り、色彩の華やかさが好まれました。

    目安サイズ:156~166cm
    着付けにより多少のサイズ対応が可能です。
    詳しくはお問い合わせください。

    ※写真の袋帯・帯締・帯揚・重ね衿のコーディネートは参考です。ご変更いただけます。

  • 絞りおぼろ染

    80152

    絞りおぼろ染

    サイズ
    155~165cm ※目安
    • 絞りおぼろ染
    • 絞りおぼろ染
    • 絞りおぼろ染
    • 絞りおぼろ染

    絞りおぼろ染

    渦巻き状に染め分けた中に、小さく紅葉、梅、笹などの草花を絞りで表現した総絞りの振袖です。
    淡い黄色の地に流れるピンクやグリーンの草花がアートな雰囲気を醸し出している逸品で、個性的な振袖をお探しの方におすすめです。

    目安サイズ:155~165cm
    着付けにより多少のサイズ対応が可能です。
    詳しくはお問い合わせください。

    ※写真の袋帯・帯締・帯揚・重ね衿のコーディネートは参考です。ご変更いただけます。

  • 乱菊

    80029

    乱菊

    サイズ
    156~166cm ※目安
    • 乱菊
    • 乱菊
    • 乱菊
    • 乱菊

    乱菊

    乱菊は菊文様のひとつで、菊の花びらをそれぞれ大きく長くして咲き乱れた様子を表した文様です。
    この文様は菊の華やかさをより一層目立たせるように表現された文様で、大胆な構図でありながら羽織れば清楚な振袖となります。
    地色は淡黄(たんこう)色。その名のとおり淡い色合いの黄色のことです。古くからある伝統色名で、平安時代の重の表地の色としても用いられていました。
    淡黄は夏目漱石が『草枕』の中で木蓮の花を「あたたかみのある淡黄」と例えているように、純粋な黄色よりもわずかに赤みを含んだ優しいイメージの色です。

    目安サイズ:156~166cm
    着付けにより多少のサイズ対応が可能です。
    詳しくはお問い合わせください。

    ※写真の袋帯・帯締・帯揚・重ね衿のコーディネートは参考です。ご変更いただけます。

京都逸品館の振袖カタログからも
お選びいただけます。
ご予約フォームからお進みください。

ご予約フォームはこちら